MENU

折り鶴の再生・循環プロジェクト

#ORIZURU PROJECT
since 2016

「思いをつなぐ。未来へつなげる。」

これは、広島市平和記念公園に年間1,000万羽も届く
  
折り鶴を
再生紙に変え循環させるプロジェクトです。
思いや祈りのこもった折り鶴を、
 
次の世代につないで折りつないでいく。

想像してください。
今日、あなたが祈りを込めた折り鶴が再生紙になり、
ずっと未来の誰かが祈りを込めて折っているところを。

折り鶴を通して、平和への祈りを集めてゆくプロジェクトが
「折り鶴の再生・循環プロジェクト」なのです。

はじめに
  1. はじまりは、ひとりの女の子。

  2. プロジェクトは、一通の手紙でスタート。

  3. 年間1,000万羽の折り鶴のゆくえ。

  4. 思いと祈りを未来につなげる。

  5. 思いを重ねる。思いをつなぐ。

プロジェクト概要図

これは、折り鶴を中心に「思い」を循環させる
プロジェクトなのです。

平和記念公園 広島市内の作業所 製紙会社 印刷関連会社 学校 / 旅行会社 修学旅行・学校行事

平和記念公園

年間約1,000万羽(10トン)の折り鶴が届けられ、一定期間展示されたのち、倉庫で保管されています。

広島市内の作業所

折り鶴の一部を広島市内の作業所に送り、紙を作るために不要なもの(紐や金属などの付属品)を取り除きます。

製紙会社

広島市内の作業所にて分別した折り鶴を紙に織り交ぜて、折り鶴再生紙を製造します。

印刷関連会社

折り鶴再生紙に色鮮やかな着色・印刷をし、おりがみの大きさに断裁加工します。平和の思いのこもった折り鶴再生おりがみの完成です。

学校

学校では、歴史や平和について学びながら、思いを込めて一羽一羽、鶴を折っていきます。

旅行会社

旅行会社を経て、修学旅行などの学校行事で広島平和記念公園を訪れる予定の学校にこのおりがみをお届けします。

修学旅行・学校行事

平和への思いや祈りを込めて折られた鶴は、ふたたび平和記念公園へ。「思い・祈りの循環」の輪が完成します。

参加会社

このプロジェクトは、
4つの会社が手を取り合うことで、
はじめて可能になりました。

お知らせ
  1. 当プロジェクトが「ヒロシマの心を世界に 2017」に展示されます。

    2017年8月6日(日)に広島市で行われます
    青少年平和文化イベント「ヒロシマの心を世界に 2017」の
    折り鶴に託された思いを昇華させるための取組の展示ブースにて
    「折り鶴の再生・循環プロジェクト」の活動が、展示されます。
    皆様お誘いあわせのうえ、ぜひご来場くださいませ。

  2. 当プロジェクトのおりがみを横浜バディスポーツ幼児園様に購入して頂きました。

    横浜バディスポーツ幼児園の園児たちが折り鶴再生おりがみを使用して折り鶴を折って頂きました。

  3. 日本経済新聞様に当プロジェクトが取り上げられました。

    「折り鶴を再び 平和つなぐ オバマ氏 広島訪問1年 再生紙に加工、思い託す」
    の記事で、取り上げて頂きました。

  4. 日本経済新聞様に当プロジェクトが取り上げられました。

    コニカミノルタジャパン、トモエが、広島市市民局長を訪問致した件で
    「コニカミノルタ、平和記念公園の折り鶴を折り紙に再生」
    の記事で、取り上げて頂きました。

  5. 中国新聞様に当プロジェクトが取り上げられました。

    コニカミノルタジャパン、トモエが、広島市市民局長を訪問致した件で
    「企業、広島市に協力求める 折り鶴の「循環」活用事業」
    の記事で、取り上げて頂きました。

  6. 当プロジェクトと広島市の確認書取り交わしに関するお知らせ

    参加企業4社および広島市の5団体で本プロジェクトに関する確認書を取り交わしました。

お問合せ

世界中から、祈りを集め、循環する。
平和へのVOTEを続けていきたい。

お問合せフォーム

必要事項をご記入の上、
「内容をご確認」ボタンを押してください。

PLEASE SHARE

ORIZURU PROJECT - PAGE TOP